企画・編集制作

「認められたい」の正体
承認不安の時代
山竹伸二著/講談社
ISBN978-4-06-288094-7
定価720+税円
新書判/並製/222頁
2011年03.20

担 当

内 容

「空虚な承認ゲーム」をどう抜け出すか。現代社会に蔓延する承認の問題を真正面から捉えた注目書!

概 要

「自分は価値のある人間だ」という確証を得て安心したいために、身近な人々の承認を絶えず気にかけ、見知らぬ他者を排除しようとする。そして、仲間からの排除されることへの不安から、それを容易にやめられない。底なしの「空虚な承認ゲーム」を捉え、この承認不安からの脱出を説いた一冊です。

全体の構成

第1章 「認められたい」の暴走
第2章 なぜ認められたいのか?
第3章 家族の承認を超えて
第4章 現代は「認められたい」時代か?
第5章 承認不安からの脱出

このページの先頭へ