企画・編集制作

知識ゼロからの
キリスト教絵画入門
池上英洋編・著/幻冬舎
ISBN978-4-344-90248-0
定価1300+税円
A5判/並製/160頁
2012年05.25

担 当

企画・編集制作

内 容

描かれた意味がわかればヨーロッパ旅行も展覧会も100倍楽しくなる、西洋美術の基本の「き」!

概 要

ヨーロッパの美術館はもちろん、教会の壁面にある絵画や、日本の美術館でも観ることができる西洋の芸術作品は、ほとんどが日本人にあまり馴染みのない聖書や神話を主題としています。本書では、それらの主題や技法、画家について解説し、色彩や線などの物理的な側面だけでなく、「何のために」「誰に向かって」描かれたのか、その精神的な側面も楽しむことができるようになります。西洋絵画鑑賞に必携の書です。

全体の構成

◆キリスト教絵画とは?
◆キリスト教絵画、まずはここに注目!
◆旧約聖書の世界
天地創造/エヴァの創造/原罪/楽園追放/カインとアベル/大洪水/バベルの塔/ロトとその娘たち/イサクの犠牲/モーセの十戒 ほか
◆新約聖書の世界
受胎告知/東方三博士の礼拝/エジプトへの逃避/嬰児虐殺/キリストの洗礼/奇跡の漁り/カナの婚礼/キリストの変容/貢ぎの銭/ラザロの蘇生 ほか
◆キリスト教のさらなる世界
善き羊飼い/聖母子/無原罪の御宿り/三位一体/聖十字架伝説/悪魔/魔女/神曲/凱旋/洗礼者ヨハネ ほか

このページの先頭へ