企画・編集制作

賢人の会議術
川口淳一郎・上田昭夫・小藪千豊・柴田陽子・戸羽太著/幻冬舎
ISBN978-4-344-90269-5
定価1300円+税円
A5判/並製/160頁
2013年05.25
初刷

担 当

企画・編集制作

内 容

短い時間で深い議論をする場作り。意思統一を図って、決定を実行に移せ!

概 要

発言・提案しやすい雰囲気を演出する。参加者が満足する無駄のない進行とは?川口淳一郎、上田昭夫・小藪千豊・柴田陽子・戸羽太各氏の賢人たちから学ぶ、会議を成功させるヒントが詰まった一冊です。

全体の構成

第1章 はやぶさプロジェクトを成功に導いた「その場で」「みんなで」決める会議
・スケジュールにはマージンを設ける
・叩き台はリーダー自ら提案する
・トラブル対処では現場の意見を重視
・大事なことは「その場で」「みんなで」決める
・「預からせてもらいます」は禁句  ほか

第2章 日本ラグビー界の知将が明かす慶應ラグビー流「勝つため」の会議
・リーダーはすべての責任を担う
・リーダーはすべてを決めない
・発言するときは結論から言う
・厳守すべきは開始時間
・目指すは「自己主張できる」会議  ほか

第3章 吉本新喜劇“最年少座長”が実践するメンバー全員の「心をくすぐる」会議
・「私利私欲」の意見は御法度
・反対するなら根拠を明確に
・通した提案・意見には責任をもつ
・行き詰まったら過去に学べ
・会議の雰囲気を変える「このひと言」  ほか

第4章 ブランドプロデューサーの仕事の極意「We」ではなく「I」ではじまる会議
・進行役は「読後感のいい会議」を目指す
・進行役は本音でかたるべし
・まずやるべきは「決め方」を決めること
・「決め方」を共有すれば配慮は不要
・道具立てを工夫する  ほか

第5章 東日本大震災の経験から学んだ決め時を逃さない「生きた」会議
・会議のための会議はしない
・どんな難題も3回以内に結論を
・「責任の所在」を示せば議論も活発に
・視界を広げる「部外者」の意見
・声の大きな人だけに振り回されない  ほか

このページの先頭へ