企画・編集制作

すぐわかるヨーロッパの装飾文様
美と象徴の世界を旅する
鶴岡真弓編著/東京美術
ISBN978-4-8087-0841-2
定価2000+税円
A5判/並製/160頁
2013年02.10

担 当

企画・編集制作

内 容

あやなす装飾デザインの美を味わい、ヨーロッパの伝統的世界観と豊穣なシンポリズムの系譜を読み解く

概 要

ヨーロッパの装飾美術のなかで数限りなく輝く文様や象徴は、私たちが過去の人々の思いに出会い、異文化を理解するための最も重要な鍵であり、美への旅の最高のパスポートです。
本書は、古代・中世・近代機Χ畭絖兇箸いΑ大きく4つの時代区分に分けて、地域と時代にどのような代表的文様があったかがひと目でわかるように編まれています。その時代に流行した文様のモティーフの起源や由来、そしてそれらを生み出した人々の思いや世界観までをも知ることができます。およそ五千年以上にわたるヨーロッパの装飾の世界を味わうことができる珠玉の一冊です。

全体の構成

第1章 古代
シュロ、ロゼット、グリフィン、パピルス、蛇、ロータス、スフィンクス、パルメット、アカンサス、イルカ、スヴァスティカ、ストリギリス ほか

第2章 中世
組紐、渦巻、ドラゴン、ブドウ、魚、羊、豚/猪、牛、ライオン、鳩、鷲、聖樹、モノグラム、十字架、天球/宝珠、連珠文、セイレーン ほか

第3章 近代
ザクロ、ミッレフィオリ/ミルフルール、菱形、グロテスク、仮面、カルトゥーシュ、ロカイユ、ウィロー・パターン、トロフィー

第4章 近代
月桂樹、メダイヨン、聖眼、孔雀、ポルカ・ドット


◆トピック◆
幾何学文様、柱頭装飾、彩飾写本、紋章、ステンドグラス、縞(ミ・パルティ/バール)、庭園装飾、皮革装丁、レース、イギリス・アイルランドのカットグラス、マーブル・ペーパー、タータン、ウィリアム・モリスとテキスタイル、アール・デコ

このページの先頭へ