企画・編集制作

北島三郎の世界
艶歌ひとすじ
平凡社、アルク出版企画編/ユーキャン
ISBNX-XXX-XX162-X
定価****円
A4判/中綴/48頁
2009年03

担 当

編集制作

内 容

CDセット付属パンフレット

概 要

艶歌(えんか)ひとすじ、己の信念にしたがって芸の道を歩みつづけてきた歌手・北島三郎。
デビュー当時から現在に至るまで、映画や舞台、テレビでも活躍し、人々の心をつかんで離さない北島三郎の魅力を一挙に紹介。
徳光和夫氏との対談から、師匠の船村徹氏の寄稿エッセイにくわえ、豊富な写真で北島三郎の艶歌人生をたどります。

全体の構成

・対談 北島三郎×徳光和夫
・唄う、演ずる、創る 北島三郎・芸道の軌跡
・北島三郎という人
 「何度でも共演したい北島三郎さん」星由里子
 「パンチの効いた存在感ある芝居が魅力」里見浩太朗
・北島三郎とわたし
 「縁というものの深さ、不思議さを思う」船村徹
・人間・北島三郎/我が人生
・北島三郎 ヒットシングル・ディスコグラフィー
・詩「激流の中に」 星野哲郎

このページの先頭へ