企画・編集制作

高僧光隆個展作品集
PAYSAGE DE VIE
高僧光隆個展実行委員会編
高僧光隆個展実行委員会
X-XXX-XXX22-X
定価****円
A4判/並製/72頁
2004年11.22

担 当

編集制作

内 容

概 要

 高僧光隆は、浄土宗の僧籍を持つフランス在住の日本人画家である。東洋の文化、とりわけ日本の伝統文化を深く愛している。
 十数年前は、近くの川面の「水」に向かい、「水」を描くことに何年間も格闘してきた。6年くらい前から、「工事現場」と出会い、「工事現場」の人、物に向って自らを表現しようと苦心してきた。
 何気ない私たちの日常生活の対象の中に宿っている「人間的真実」を、絵画的手法を通じて私たちの前に示そうとしているように思える。
 誰でも見逃してしまう「工事現場」の赤い雨合羽が、何故にこんなに美しく、魅惑的に人の心を打つのだろうか。
 光隆その人が、これら作品群と共に行きつ戻りつ、一歩一歩と奥のほうにすすんでいる。

全体の構成


このページの先頭へ