企画・編集制作

オーディオPR誌
INVENTION
シャープ編
ルミナス
X-XXX-XXX55-X
定価****円
B4判変形/並製/132頁
2004年11

担 当

編集制作

内 容

音楽のない人生は誤りであろう。

概 要

シャープオーディオPR誌

全体の構成

1:SOURCE 音楽が生まれる瞬間を聴く
 音楽に終わりという言葉は存在しない(リッカルド・ムーティー)
 闇の中で聴いた原始の音(土取利行)
 花を生けるときに音が聴こえる
 「消える音」を聴く
 クロニクル・オブ・アンプリファイアー
2:HARMONY 調和する音と心
 若い人たちに、より音楽を身近に感じて欲しい(カルロ・マリア・ジュリーニ)
 私の歌の届く場所(一青窈)
 マイルスと出会ったことで、今の僕がある(内藤忠行)
 音楽について思うこと(UA)
 Wall Writing/壁の文字(ポール・オースター)
 偶然という音楽〜ポール・オースターの文学におけるリズム〜(飯野友幸)
 自分が楽しい。それで人が喜べばもっと嬉しい(Akira)
 「妄音」を記録する機械(菊地成孔)
 私にとって音楽とは(カヒミ・カリィ)
 ソフトとハードのインタラクティヴな関係(藤幡正樹)
 DNAに刻まれた記憶(上野水香)
 生活空間の無意識を形にする至福のデザイン(深澤直人)
 「音楽家のための憩いの家」を訪ねて
3:ADVANCE 世界を超越するイメージを追う
 常識を越境する知性(ジョアオ・マゲイジョ)
 音と映像、ポエジーの原風景(ユーリー・ノルシュテイン)
 コールハースと21世紀の空間を考える(瀧口範子)
4:REVOLUTION 良質の音を響かせる技術
 Engineer's Monologue
 Designer's Eye
5:PLEASURE 感動のメカニズムを探る
 人間はなぜ音楽に感動するのか?(ジョセフ・ルドゥー)

このページの先頭へ